• ホーム
  • 胃腸炎でのネキシウムはいつまで服用すればいい?

胃腸炎でのネキシウムはいつまで服用すればいい?

胃が痛い人

ネキシウムは有効成分をエソメプラゾールにした胃酸分泌抑制薬で、逆流性食道炎や胃潰瘍の治療に用いられます。
比較的新しい時期に開発された医薬品ですが、以前から使用されている成分オメプラゾールの光学異性体となっていて、安全性や副作用の観点から良い結果を出すことで第一選択薬とされます。
酵素活性を抑制して胃酸の分泌を行うプロトンポンプの働きを選択的に阻害することからプロトンポンプ阻害薬と呼ばれ、強力な抑制作用によって胃酸過多による症状を改善します。
そのため、胃酸によって駆除される細菌類や食物の消化吸収に影響があるのではないかと考えられ、症状を改善する以前に健康に害がある可能性を考慮し、さらに副作用の観点からも服用期間に縛りがあります。

基本的にネキシウムで処方されるのは十二指腸潰瘍で6週間、胃潰瘍や逆流性食道炎では8週間までとし、治療目的で処方するのは最大で8週間までとなっています。
とはいえ、胃腸炎で8週間使用しても症状が改善されることはあっても、完治できずに再発を繰り返すこともあります。
医療機関のレセプトなどに関与して8週間となっていますが、実際にはそれ以上の長期にわたった服用も可能です。
その際は病名を変更して「再発再燃を繰り返す」場合に限り、最長16週間までとなります。

しかし、処方されなくとも、インターネットを使用した個人輸入で入手すれば、期間に関わりなく服用することも可能なので、実質的に縛りは存在していないものと言えます。
ただし、適正でない長期服用をすれば、胃カルチノイド腫瘍や胃がん、大腸癌などのリスク、鉄欠乏性貧血といった問題も起こり得るので自己責任で使用することになります。
病院で購入したのであれば、処方された分を全て服用します。
一般的に8週間と定められているので、これを超えて服用する場合は、かかりつけの医師に相談して判断するようにしましょう。