• ホーム
  • ネキシウムと副作用の下痢について

ネキシウムと副作用の下痢について

薬を飲んでいる女性

ネキシウムは強力な胃酸抑制作用によって、胸焼けや胃痛といった症状を和らげる飲み薬です。
主に胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用いられ、胃酸過多を防ぐことで辛い症状を抑えます。
ネキシウムの作用機序からプロトンポンプ阻害薬とされ、市販の胃腸薬よりも胃酸分泌を抑える働きを持ちますが、強力すぎる故に様々な影響を与えます。

胃酸は強酸性のもので、嘔吐したことがある人は分かりますが非常に酸っぱい液体となっています。
この強酸性の液体によって胃の中に入ってきた食物や微生物を分解する働きを持ちますが、細菌を退治するほどの殺菌作用も持ち合わせています。
そのため、通常であれば胃の中で細菌は退治され、小腸まで運ばれることはありません。

しかし、キシウムによって胃酸分泌が抑えられると、少ない量で分解や殺菌をしなければならず、追いつかない場合は小腸まで細菌を運ぶことになります。
こうした理由から、栄養失調に陥るといった問題点が指摘され、ネキシウムを含むプロトンポンプ阻害薬は、通常8週間までの服用と定められていますが、短期間でも細菌は小腸で増殖しやすい傾向にあるようです。
結果的にネキシウムの副作用として、上手く分解できなかった食物がそのまま運ばれてしまったり、胃腸の調子が整わずに下痢や軟便を起こすことがあります。

過去に小腸の異常な細菌増殖が確認された際には、抗生物質の投与によって有意に改善したこともあるため、小腸内で細菌類が増殖しているのは確かなようです。
ただし、抗生物質を投与しても問題の原因を解決しているわけではないので、どの時点で下痢や軟便が引き起こされているのかを理解する必要があります。
ネキシウムによって起こる副作用であれば、投与を中断するなど症状の改善を試みることも必要となってきます。