吐き気がする女性

ネキシウムは、日本で販売されている一番新しいプロトンポンプ阻害薬です。
一般的に、このような胃腸薬は食後に飲むのが普通です。
しかし、ネキシウムは食後でお腹が満腹じゃなくても服用することは可能です。
なぜならば、この薬は 24時間、胃の内部でPHのコントロールができる作用を持っているからです。
そのため、ネキシウムは食前や食後、いつ飲んでも差し支えないとされています。

逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍の場合は、1日に1回のネキシウムの服用を行います。
この場合でも、基本的にいつ飲んでも大丈夫ですので、症状に合わせて決められた量を守って飲むようにします。
ネキシウムは、このように胃の内部で24時間の間、PHのコントロールが出来ることから、飲む回数も1回で済み効果的に作用するので、胃腸障害全般に有益な薬として注目を浴びています。
普通は、胃腸薬と言えば食べ物がお腹に入っている満腹な状態に服用するイメージを持つ方が多いかもしれませんが、ネキシウムは、このように1日のうちでいつ飲んでも効果は変わりないのでとても便利な薬だと言えるでしょう。
ネキシウムは、症状に対して素早く効果が上げられる作用を持っているため、それまでの胃腸薬で効果がなかった場合でも効果が上げられるようになります。

いつでも服用できるネキシウムであれば、外出先や仕事先でも決められた時間に服用するわけではないので、飲み忘れもなく飲みやすい時間に飲めば済むので、便利に使えるプロトンポンプ阻害薬だと言えます。
お腹が満腹じゃなくても、空腹時でも食前でも飲めるので、用量だけ守れば時間帯を意識せずにいつでも飲めることから、胃腸薬の中でも飲みやすい薬だと言えます。
このような胃腸薬は通販で購入することもできます。
またネキシウムでも抑えれない痛みにはボルタレンを使用するといいかもしれません。
このボルタレンの鎮痛効果は非常に優れていて、痛み止めと言えばこのボルタレンかロキソニンと言われているほどであり、主成分であるジクロフェナクナトリウムが痛みを抑制、また炎症なども抑えてくれるという訳です。

記事一覧

胃捻転は、胃の以上回転や捻れてしまうことにより起こる、稀な病気です。 新生児や乳児に多く、回転する軸...

暴飲暴食を続けてしまうと健康を損ねることにつながり、肥満になる可能性があるだけだけでなく、胃腸にも影...

ネキシウムは有効成分をエソメプラゾールにした胃酸分泌抑制薬で、逆流性食道炎や胃潰瘍の治療に用いられま...

ネキシウムは強力な胃酸抑制作用によって、胸焼けや胃痛といった症状を和らげる飲み薬です。 主に胃潰瘍や...